ダイエットと睡眠不足

ダイエットをしているある日、

趣味に没頭し気か付くと夜中の1時。翌日は朝から仕事、慌てて寝支度をして夜中の2時に就寝。

翌日は、睡眠不足の中なんとか頑張って仕事をこなした夕方、みょーに食欲が強くダメだと分かっていても、甘い菓子パンやケーキに手が出てしまう。

食べ終わった後に、自分はなんて心が弱いんだと嘆いてしまう。

こんな経験は、ダイエットをしている方は経験があるのではないでしょうか?

その行動に自分を走らせるのは、実は心の強さ弱さとは関係がなく、ホルモンの働きの為に起こっている場合があります。

そのホルモンは胃から分泌されるグレリンです。

グレリンは睡眠不足の時に、強く食欲を刺激します。

グレリンは睡眠不足の時に睡眠を十分にとった場合に比べて、常に高い状態を維持します。

睡眠不足が慢性的な方は、睡眠を十分とっている方に比べて平均して体脂肪多いそうです。

つまり、ダイエットを成功させる為には、シッカリ睡眠をとり、グレリンが過剰に分泌される状態を作らいない事が大切です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です